コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

八相 はっそう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

八相
はっそう

釈尊の生涯を特色づける8種の特徴。八相成道釈迦八相ともいう。 (1) 兜率天 (とそつてん) から下る下天 (げてん) ,(2) 母マーヤー (→摩耶夫人 ) の胎内に宿る託胎 (たくたい) ,(3) 母の右脇から誕生したとする降誕 (ごうたん) ,(4) 法を求めて家庭生活を離れる出家 (しゅっけ) ,(5) 悟りのための種々の障害を破る降魔 (ごうま) ,(6) 悟りを得ることである成道 (じょうどう) ,(7) 鹿野苑における最初の説法である転法輪 (てんぼうりん) ,(8) クシナーラーで大往生をとげる入涅槃 (にゅうねはん) をいう。この数え方は,たとえば『大乗起信論』で母の胎内にとどまる住胎 (じゅうたい) を加えて降魔を欠くなど,文献によって違いがある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

はっそう【八相】

釈迦しやか八相 」に同じ。
観相で、人相を分類した威・厚・清・古・孤・薄・悪・俗の八つの相。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

八相の関連キーワード山梨県南巨摩郡身延町身延三重県桑名市東方釈迦金棺出現図釈迦八相倭文庫五行の構え釈迦八相図釈迦如来像棲霞寺石窟万亭応賀巨勢隆賢朝鮮仏画降魔の相久遠寺灌仏会絵解き涅槃図劔神社大仙院坊津釈迦

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

八相の関連情報