八相(読み)はっそう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

八相
はっそう

釈尊の生涯を特色づける8種の特徴。八相成道釈迦八相ともいう。 (1) 兜率天 (とそつてん) から下る下天 (げてん) ,(2) 母マーヤー (→摩耶夫人 ) の胎内に宿る託胎 (たくたい) ,(3) 母の右脇から誕生したとする降誕 (ごうたん) ,(4) 法を求めて家庭生活を離れる出家 (しゅっけ) ,(5) 悟りのための種々の障害を破る降魔 (ごうま) ,(6) 悟りを得ることである成道 (じょうどう) ,(7) 鹿野苑における最初の説法である転法輪 (てんぼうりん) ,(8) クシナーラーで大往生をとげる入涅槃 (にゅうねはん) をいう。この数え方は,たとえば『大乗起信論』で母の胎内にとどまる住胎 (じゅうたい) を加えて降魔を欠くなど,文献によって違いがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

はっそう【八相】

釈迦しやか八相」に同じ。
観相で、人相を分類した威・厚・清・古・孤・薄・悪・俗の八つの相。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

はっ‐そう ‥サウ【八相】

〘名〙
※三教指帰(797頃)下「曾成之道、始於八相、金山之体、生於四康
人相上の八種の相。すなわち、威・厚・清・古・・薄・悪・俗の称。
※仮名草子・似我蜂物語(1661)下「ここをせんどときり結ぶ、窂人もとより兵法は功者也、八相(ハッサウ)、巻切、柴隠」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android