コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

重国 しげくに

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

重国 しげくに

?-? 江戸時代前期の刀工。
大和(奈良県)手掻(てがい)派の流れをくみ,慶長のころ徳川家康につかえ駿河(するが)(静岡県)府中にすむ。元和(げんな)5年(1619)徳川頼宣(よりのぶ)が紀伊(きい)和歌山藩主になると,抱え工として南紀重国の初代を名のる。重国家は幕末までつづく。通称は九郎三郎。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

重国の関連キーワードオーストリア・ハンガリー二重帝国サイモン ホイットフィールド国籍法の抵触に関する条約クラウディオ ピサロカイリー アービングアメラジアンスバンドリオ青森県青森市国籍の抵触野口米次郎カーネマン越野由梨奈佐々木盛綱魏晋南北朝佐々木秀義渋谷重助窪田畔夫河崎基家河崎重家フジモリ

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

重国の関連情報