コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

野口男三郎 のぐち おさぶろう

2件 の用語解説(野口男三郎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

野口男三郎 のぐち-おさぶろう

1880-1908
明治13年生まれ。38年薬局店主殺しの疑いで逮捕される。少年臀肉(でんにく)事件,義兄の漢詩人野口寧斎殺しとあわせて3件の殺人罪で起訴され,翌年薬局店主殺害の罪で死刑判決をうけた。他の2件は無罪。明治41年7月2日死刑執行。29歳。大阪出身。東京外国語学校(現東京外大)中退。旧姓は武林。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

野口男三郎

没年:明治41.7.2(1908)
生年:明治13(1880)
明治時代の謀殺強盗犯。そのほか,漢学者野口寧斎と11歳になる少年殺しとしても騒がれた。大阪市生まれ。本名は武林男三郎。明治29(1896)年に学問を志し上京。初め理学博士石川千代松のもとに寄食したが,のち漢学者野口寧斎の書生となる。野口の妹ソエと恋愛関係に陥り婿養子となった。女児をもうけたが,東京外国語学校ロシア語卒(実は中退)などのウソがばれるなどで離縁される。金銭に困窮して,同38年5月,薬店経営の都築富五郎を殺し350円を奪った。逮捕後,警察は3年前に起こった11歳の少年河合荘亮(臀肉切り取り事件),さらに薬店経営者殺しの2週間ほど前に起こった野口寧斎の死も男三郎による毒殺ではないかと疑いをかけた。演歌師が男三郎を「ああ世は夢かまぼろしか 獄舎にひとり思い寝の」と歌ったことで全国に知られるようになった。事件の方は,義父と少年殺しは立証されず,薬店経営者殺害の罪で絞首刑にされた。

(関井光男)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
朝日日本歴史人物事典について | 情報

野口男三郎の関連キーワード紙幣整理新聞小説ブラウンオランダ文学監獄法岩崎弥太郎エルメレンスドワルスフォーチュン市川左団次二世

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone