コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

野島庄七 のじま しょうしち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

野島庄七 のじま-しょうしち

1924- 昭和後期-平成時代の生化学者。
大正13年11月7日生まれ。国立予防衛生研究所化学部長などをへて,昭和49年東大教授となる。60年帝京大教授。大腸菌ホスホリパーゼ生化学的研究やリン脂質の免疫化学的研究などで知られる。日本生化学会会長,日本薬学会会頭などをつとめた。平成10年「膜リン脂質の構造と代謝に関する研究―大腸菌ホスホリパーゼの研究を中心に―」で学士院賞。群馬県出身。東京帝大卒。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

野島庄七の関連キーワード島津保次郎衣笠貞之助溝口健二村田実伊藤大輔清水宏山本嘉次郎実験映画ビダールビッチ