コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

野本雪巌 のもと せつがん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

野本雪巌 のもと-せつがん

1761-1835* 江戸時代後期の儒者。
宝暦11年生まれ。京都で赤松滄洲(そうしゅう),松本愚山にまなび,豊前(ぶぜん)中津藩の儒者となる。藩校進脩館創設にかかわり,教授としておしえる。のち江戸で藩主の侍講となった。天保(てんぽう)5年12月3日死去。74歳。豊前宇佐郡(大分県)出身。名は晃。字(あざな)は謙卿。通称は亮右衛門。別号に橘斎。著作に「国史略」「雪巌詩文集」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

オヤカク

企業が採用内定者である学生に対して、「親が入社を承諾しているか」を確認する行為、または、内定学生の親に直接、入社承諾の確認をする行為のこと。「親に確認する」の略語。親が反対しているという理由で内定を辞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android