コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

赤松滄洲 あかまつ そうしゅう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

赤松滄洲 あかまつ-そうしゅう

1721-1801 江戸時代中期-後期の儒者。
享保(きょうほう)6年生まれ。赤松蘭室の父。播磨(はりま)(兵庫県)赤穂(あこう)藩医大川耕斎の養子。医学を香川修庵,儒学を宇野明霞(めいか)にまなぶ。延享4年同藩につかえ,のち家老にすすむ。寛政異学の禁に反対した。寛政13年1月8日死去。81歳。本姓は舟曳。名は鴻。字(あざな)は国鸞。通称は大川良平別号静思翁。著作に「周易便覧」「静思亭集」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

赤松滄洲

没年:享和1.1.8(1801.2.20)
生年:享保6(1721)
江戸時代中期の儒学者。播磨国(兵庫県)の人。名は鴻,字は国鸞,通称は大川良平。滄洲,静思翁と号した。父は舟曳通益。17歳のとき,赤穂藩医大川耕斎の養子となる。大川,舟曳両家とも赤松氏より出たので,著述では赤松を称した。若くして京都に出,医学を香川修庵,儒学を宇野明霞に学ぶ。延享4(1747)年,赤穂藩儒となり,のちに家老に至り治績を残す。宝暦10(1760)年に致仕,京都に出て儒学を講説。寛政異学の禁(1790)がおこると,厳しく非難した。その性格は剛直で,容貌魁偉,美髯の持ち主であった。<著作>『静思亭集』10巻

(高橋昌彦)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

赤松滄洲の関連キーワード船曳文陽山下西涯河野魯斎桜井東門野本雪巌山科太室柴野栗山神吉東郭森忠洪