コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

野村左兵衛 のむら さへえ

2件 の用語解説(野村左兵衛の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

野村左兵衛 のむら-さへえ

1815-1867 幕末の武士。
文化12年生まれ。陸奥(むつ)会津(あいづ)藩(福島県)藩士。文久2年藩主松平容保(かたもり)の京都守護職就任にともない,京都の藩公用人となる。公卿(くぎょう)や各藩代表と交渉をすすめ,公武合体につくした。慶応3年5月19日死去。53歳。名は直臣。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

野村左兵衛

没年:慶応3(1867)
生年:文化12(1815)
幕末の会津藩(福島県)藩士。名は直臣。文久2(1862)年,藩主松平容保が京都守護職に就任し,翌年1月,その仕事を集団で補佐していくため京都に公用方(局)が設置されると,これを名実ともに会津藩最高の諮問・政策立案機関に育てることに貢献した。同3年の旧暦秋,軍事奉行のまま公用人に任命され,翌元治1(1864)年には軍事奉行の職を解かれて公用人,御聞番御内用兼務となる。以後,公用方の中心人物として公武合体に努めた。「温和ニシテ怜悧,能ク人ト応接シ,能ク尽言ヲ容ル。内外親疎皆其歓心ヲ得」との評がある。<参考文献>家近良樹『会津藩公用方(局)の実態について』

(家近良樹)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
朝日日本歴史人物事典について | 情報

野村左兵衛の関連キーワードルイ[18世]真田幸弘ウィレム[1世]フアト・パシャイタリア演劇ルクセンブルク安藤野雁野村左兵衛ヘボン雑誌

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone