コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

野焼(き) ノヤキ

デジタル大辞泉の解説

の‐やき【野焼(き)】

新しい草がよく生えるように、春のはじめに枯れ草に火をつけて野を焼くこと。 春》「古き世の火の色うごく―かな/蛇笏

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

野焼(き)の関連キーワード大分県由布市の野焼き事故十時孫左衛門(4代)池田(町)(長野県)十時孫左衛門(5代)十時孫左衛門(初代)福岡県田川郡大任町由布市の野焼き事故上野釜ノ口古窯址緑と水の連絡会議高知県安芸市阿蘇の野焼き加藤唐九郎高島[町]奥磯 栄麓大和 松緑土岐[市]中尾米吉大和松緑向井舟皐上野喜蔵

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android