コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

野焼(き) ノヤキ

デジタル大辞泉の解説

の‐やき【野焼(き)】

新しい草がよく生えるように、春のはじめに枯れ草に火をつけて野を焼くこと。 春》「古き世の火の色うごく―かな/蛇笏

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

野焼(き)の関連キーワード大分県由布市の野焼き事故十時孫左衛門(4代)十時孫左衛門(初代)十時孫左衛門(5代)加藤唐左衛門(4代)池田(町)(長野県)福岡県田川郡大任町由布市の野焼き事故緑と水の連絡会議上野釜ノ口古窯址阿蘇の野焼き高知県安芸市加藤唐九郎高島[町]大和 松緑奥磯 栄麓土岐[市]荒川豊蔵上野喜蔵中尾米吉

今日のキーワード

内密出産

ドイツで2013年に法律が制定され、14年から実施されている妊婦支援の制度。母親は相談機関に実名で相談し身元を明かす証書を封印して預け、医療機関では匿名で出産する。子は原則16歳になったら出自を知るこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android