コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

野田石陽 のだ せきよう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

野田石陽 のだ-せきよう

1776-1828* 江戸時代後期の儒者。
安永5年10月28日生まれ。伊予(いよ)松山藩士。荻生徂徠(おぎゅう-そらい)の学をおさめ,大小姓となる。祖父の業を継続して「伊予古蹟志」を完成した。文政10年12月7日死去。52歳。名は孝彝。字(あざな)は叔友,梁穎。通称は吉右衛門。別号に霊星閣。著作はほかに「学庸纂注」「孔伝志略」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

野田石陽の関連キーワード儒者

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android