コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

野菜の保存法 やさいのほぞんほう

食の医学館の解説

やさいのほぞんほう【野菜の保存法】

野菜の栄養価は、新鮮なものほど高いのは当然のことです。できれば早め早めに使い切りたいものですが、まとめ買いをすると、なかなか使いきれずに残ってしまうものです。そこで、なるべく鮮度を落とさないための保存法を紹介します。
・冷蔵庫にしまう野菜
トマト、ピーマン、キュウリ/紙に包んで保存。キュウリは立てておきます。
長ネギ/切って白い部分は袋に入れて、緑色の部分は刻んで密封容器に。
レタス、キャベツ/芯(しん)をくり抜き、濡らしたペーパータオルなどをつめてラップでくるみます。
ダイコン、ニンジン/切り口をラップで包み、湿らせたふきんで包みます。
ゴボウ/濡らした新聞紙にくるみ、ポリ袋に入れて保存。
冷暗所に置く野菜
サツマイモ、ジャガイモ/カゴや木箱に入れて冷暗所に。
タマネギ/あみ袋に入れてつるして保存。
・立てておく野菜
泥つき長ネギ/根を下にむけて立てて冷暗所に置きます。
ホウレンソウ/濡らした新聞紙でしっかり包み、ビニール袋に入れて冷蔵庫の野菜室に立てて保存。

出典|小学館食の医学館について | 情報

野菜の保存法の関連キーワードザーサイ野菜玉

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android