鮮度(読み)せんど

精選版 日本国語大辞典 「鮮度」の意味・読み・例文・類語

せん‐ど【鮮度】

〘名〙
魚類野菜肉類などの新しさの度合
※人情馬鹿物語(1955)〈川口松太郎〉九「夕河岸小魚が来ると呼び入れては鮮度を調べる」
② 色や明暗などのはっきりしている度合。あざやかさ。
※蟹(1963)〈河野多恵子〉「日射しのことなどが、数年ぶりに遽かに鮮度を増しはじめた」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉 「鮮度」の意味・読み・例文・類語

せん‐ど【鮮度】

魚・肉・野菜などの新鮮さの度合い。「鮮度が落ちる」
[類語]生新生鮮新鮮新しい瑞瑞しいぴちぴちフレッシュ取れ立て

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

栄養・生化学辞典 「鮮度」の解説

鮮度

 食品などの新鮮さ.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

今日のキーワード

柿落し

劇場用語。新築劇場の開場興行をいう。昔の劇場は,屋根を柿(こけら)でふき,完成のとき不用の板くずをはき落としたので,この語が生まれたという。...

柿落しの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android