コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

野衾/野臥間 ノブスマ

デジタル大辞泉の解説

の‐ぶすま【野×衾/野×臥間】

たたいた小鳥の肉と鯛(たい)の身を湯に通し、薄くそいだアワビとともにたまりで煮て、袋状になるアワビに肉が包まれるようにした料理。
ムササビの別名。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉プラスの解説

野衾(のぶすま)

日本の妖怪。ムササビやモモンガのような姿で動物の生き血を吸うとされる。「飛倉(とびくら)」とも。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

野衾/野臥間の関連キーワード野臥間・野衾アワビ

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android