コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鼯鼠/鼺鼠 ムササビ

4件 の用語解説(鼯鼠/鼺鼠の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

むささび【鼯鼠/鼺鼠】

《古くは「むざさび」とも》リス科の哺乳類リスに似て、体長約40センチ、尾長約35センチ。背面は灰褐色で、目の上からほおにかけ白帯がある。森林にすみ、夜行性。前後の足の間にある飛膜を広げて木から木へ滑空し、木の芽・実・葉を食べる。本州以南から朝鮮半島・中国に分布。のぶすま。おかずき。 冬》「―や夜霧吹き入る手打蕎麦/秋桜子

もみ【鼯鼠】

ムササビの古名。〈和名抄

ももんが【鼯鼠】

リス科の哺乳類。体長15~20センチ、尾長10~14センチ。前・後肢の間に飛膜をもち、目が大きく、外形・習性ともムササビに似る。本州・四国・九州に分布。北海道には近似種のエゾモモンガがすむ。ばんどり。ももんがあ

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ももんがあ【鼯鼠】

モモンガ に同じ。
着物を頭から被りひじを張ってモモンガのまねをし、子供などをおどかす言葉。ももんじい。
化け物。特に毛の生えた化け物。
人をののしっていう語。畜生。 「ハイカラ野郎の、ペテン師の、イカサマ師の、猫被りの、香具師やしの、-の、岡つ引きの、わん〱鳴けば犬も同然な奴とでも云ふがいゝ/坊っちゃん 漱石

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

鼯鼠/鼺鼠の関連キーワードスローロリス栗鼠縞栗鼠台湾栗鼠畑栗鼠アレンガラゴアンワンチボ北栗鼠非霊長哺乳類ムササビ(鼯鼠)

今日のキーワード

プレミアムフライデー

経済産業省と日本経済団体連合会などの経済界の団体が個人消費を喚起するため、毎月末の金曜日に午後3時をめどに仕事を終えるよう企業に対応を呼びかけるキャンペーンの名称。2016年12月12日、政府と経済界...

続きを読む

コトバンク for iPhone