コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鼯鼠/鼺鼠 ムササビ

デジタル大辞泉の解説

むささび【鼯鼠/鼺鼠】

《古くは「むざさび」とも》リス科の哺乳類リスに似て、体長約40センチ、尾長約35センチ。背面は灰褐色で、目の上からほおにかけ白帯がある。森林にすみ、夜行性。前後の足の間にある飛膜を広げて木から木へ滑空し、木の芽・実・葉を食べる。本州以南から朝鮮半島・中国に分布。のぶすま。おかずき。 冬》「―や夜霧吹き入る手打蕎麦/秋桜子

もみ【鼯鼠】

ムササビの古名。〈和名抄

ももんが【鼯鼠】

リス科の哺乳類。体長15~20センチ、尾長10~14センチ。前・後肢の間に飛膜をもち、目が大きく、外形・習性ともムササビに似る。本州・四国・九州に分布。北海道には近似種のエゾモモンガがすむ。ばんどりももんがあ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ももんがあ【鼯鼠】

モモンガ に同じ。
着物を頭から被りひじを張ってモモンガのまねをし、子供などをおどかす言葉。ももんじい。
化け物。特に毛の生えた化け物。
人をののしっていう語。畜生。 「ハイカラ野郎の、ペテン師の、イカサマ師の、猫被りの、香具師やしの、-の、岡つ引きの、わん〱鳴けば犬も同然な奴とでも云ふがいゝ/坊っちゃん 漱石

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

鼯鼠 (ムササビ)

学名:Petaurista leucogenys
動物。リス科の哺乳動物

鼯鼠 (モモンガ)

動物。齧歯目の獣,ムササビに似る

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

鼯鼠/鼺鼠の関連キーワードももんじい猫被り動物

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android