野飼(読み)のがい

精選版 日本国語大辞典の解説

の‐がい ‥がひ【野飼】

〘名〙
① 牛馬などを牧場に放って飼うこと。野に放し飼いにすること。放牧。
※宇津保(970‐999頃)内侍督「こまひきもちかくなりぬれば、のがひもかずにいりたまふ時やあらん」
② 野生であること。自然に野原で生長すること。
※俳諧・其袋(1690)秋「角もじやいせの野飼の花薄〈其角〉」

の‐が・う ‥がふ【野飼】

〘他ハ四〙 牛馬などを野飼いする。放し飼いにする。放牧する。和歌では多く「嫌う」意の「のかふ」に掛けて用いられる。
※古今(905‐914)雑体・一〇四五「いとはるるわが身ははるのこまなれやのがひがてらにはなちすてつる〈よみ人しらず〉」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android