コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

花薄 ハナススキ

デジタル大辞泉の解説

はな‐すすき【花薄】

[名]
穂の出た薄。尾花。 秋》「―風のもつれは風が解く/蓼汀」
襲(かさね)の色目の名。表は白、裏は薄縹(うすはなだ)
[枕]薄の穂の意から、「穂に出づ」「ほのか」にかかる。
「―ほにいだすべき事にもあらずなりにたり」〈古今仮名序

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

はなすすき【花薄】

[3] ( 名 )
穂の出た薄。花の咲いた薄。尾花。 [季] 秋。
( 枕詞 )
「ほに出づ」「ほのか」にかかる。 「 -などかほにいでて恋ひずしもあらむ/古今 恋一」 「 -ほのかに見てぞ人は恋しき/拾遺 恋二

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

花薄 (ハナススキ)

植物。イネ科の多年草,園芸植物。ススキ別称

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

花薄の関連キーワード荒木田守武サクラソウ穂に出ずオレガノ千葉一流香辛料堀麦水心知り乎婆奈乎波奈岩倉拾遺美花麻花尾花乎花草花

今日のキーワード

スカジャン

神奈川県横須賀市発祥のジャンパー。おもに化繊の生地の、スタジアムジャンパー風のデザインのジャンパーの背中に、虎や龍、富士山など和風のモチーフの刺繍を施したもの。第2次世界大戦後、横須賀基地に駐留したア...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android