コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

量子ドットレーザー りょうしどっとれーざーquantum dot laser

知恵蔵の解説

量子ドットレーザー

量子ドット中の電子を用いた半導体レーザー。日本で発明された。ナノテクノロジーの進展により、10nm(ナノメートル)近くの立体構造の形成が可能になってきた。この構造の中では、電子の波は3次元的に閉じ込めを受け、運動の自由度がなくなる。このような量子ドットを半導体レーザーの発光部(活性層)として用いると、その特性を飛躍的に向上させることができると期待されている。21世紀の半導体レーザー。

(荒川泰彦 東京大学教授 / 桜井貴康 東京大学教授 / 2007年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

量子ドットレーザーの関連キーワードナノエレクトロニクス

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android