金サッカ(読み)きんサッカ(英語表記)Kim Satkat

世界大百科事典 第2版の解説

きんサッカ【金サッカ Kim Satkat】

1807‐63
朝鮮,李朝末期の放浪詩人。笠satkatをかぶり全国を流浪したので金サッカ(金笠)とよばれる。本名は金炳淵。彼の詩はハングルをまじえたり,音とを使って掛けことばを駆使したり,文字面の表面的な意味と音で読んだときの裏の意味を巧みに結びつけたりした破格の詩が多く,ときに両班(ヤンバン)階級と社会的権威をしんらつに嘲笑し,またときに民衆の貧しい生活をユーモアまじりに嘆いている。こうした批判精神は,祖父洪景来の反乱で農民軍にくだったところから,一族出世の道をとざされていたことに由来するといわれる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

終末時計

アメリカの科学雑誌『ブレティン・オブ・ジ・アトミックサイエンティスツ』が毎号表紙に掲げている「地球最後の日」までの時間を表示する時計。核戦争の危機を訴え,1947年に初めて登場。米ソ冷戦の終結を迎えて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

金サッカの関連情報