コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

金井直 かない ちょく

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

金井直 かない-ちょく

1926-1997 昭和後期-平成時代の詩人。
大正15年3月18日生まれ。「詩学」に投稿,村野四郎にみとめられる。山本太郎らの「零度」に参加。昭和28年「金井直詩集」を発表。32年「飢渇」でH氏賞,37年「無実の歌」で高村光太郎賞。平成9年6月10日死去。71歳。東京出身。東京育英実業卒。本名は直寿(なおとし)。詩集はほかに「〈幽〉という女」「未了の花」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かないちょく【金井直】

1926~1997) 詩人。本名直寿。東京生まれ。ニヒリズムを含んだ、静謐な文体で、現代を生きる個の不安を表出した。詩集「飢渇」「無実の罪」など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

金井直の関連キーワードニヒリズム金井 英一金井 直歴程文体

金井直の関連情報