コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

村野四郎 むらのしろう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

村野四郎
むらのしろう

[生]1901.10.7. 東京
[没]1975.3.2. 東京
詩人。俳人の父,歌人と詩人の兄たちの間に育ち,俳句から詩に移り第1詩集『罠』 (1926) を刊行。 1927年慶應義塾大学経済学部卒業後,実業界にある一方,31年春山行夫らの『詩と詩論』の運動に参加。また笹沢美明らと詩誌『新即物性文学』を創刊して新即物主義運動を起し,その実験的成果を『体操詩集』 (39) にまとめた。次いで『抒情飛行』 (42) ,『珊瑚の鞭』 (44) を刊行。第2次世界大戦後は西脇順三郎らと詩誌『GALA』 (51~55) を創刊,詩集『実在の岸辺』 (52) ,『亡羊記』 (59) ,『蒼白な紀行』 (63) や,評論『今日の詩論』 (52) によりその実存的思考を明らかにした。日本現代詩人会会長をつとめた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

むらの‐しろう〔‐シラウ〕【村野四郎】

[1901~1975]詩人。東京の生まれ。新即物主義による実験的作品を発表、のち存在の根源を重視する実存的な詩風を示した。詩集「体操詩集」「亡羊記」など。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

村野四郎【むらのしろう】

詩人。東京生れ。兄次郎は歌人。慶応大卒。川路柳虹らの第2次《炬火(たいまつ)》の同人となり,《罠》を出版。続く《体操詩集》では,ドイツの〈新即物主義〉に基づく明晰で視覚的な詩法を確立。
→関連項目鮎川信夫

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

村野四郎 むらの-しろう

1901-1975 大正-昭和時代の詩人。
明治34年10月7日生まれ。理研コンツェルン本社にはいり,実業に従事するかたわら作詩。第1詩集は大正15年の「罠(わな)」。昭和14年「体操詩集」がノイエ-ザハリヒカイト(新即物主義)の実験作として注目された。35年「亡羊記」で読売文学賞。昭和50年3月2日死去。73歳。東京出身。慶大卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

むらのしろう【村野四郎】

1901‐75(明治34‐昭和50)
詩人。東京西郊の北多摩郡多摩に生まれた。父は俳人,次兄次郎は歌人。慶大理財科卒,実業家として歩む。学生時代荻原井泉水の《層雲》に参加して自由律俳句を作るが詩に転じ,川路柳虹の《炬火》に加わり,第1詩集《罠(わな)》(1926)を刊行。《旗魚》《新即物性文学》などの創刊にあずかり,《文学》(《詩と詩論》の後身),《詩法》《新領土》などで一貫してモダニズム詩人中の有力な存在であった。第2詩集《体操詩集》(1939)では,各種スポーツを素材に新即物主義に学んだ方法によって知的な形態美を追求した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

むらのしろう【村野四郎】

1901~1975) 詩人。東京生まれ。慶大卒。新即物主義に基づく、明晰で視覚的な作品を書き、のち人間実在の様相を凝視する内面的な詩風に移った。詩集「体操詩集」「実在の岸辺」「亡羊記」など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

村野四郎
むらのしろう
(1901―1975)

詩人。明治34年10月7日、東京に生まれる。慶応義塾大学卒業。中学時代は『文章倶楽部(くらぶ)』に俳句など投稿。大学卒業前に『地霊』『詩篇(しへん)時代』を創刊。1926年(大正15)に川路柳虹(かわじりゅうこう)らの第二次『炬火(たいまつ)』に参加。詩集『罠(わな)』(1926)出版。29年に『旗魚(きぎょ)』創刊。31年には『文学』に寄稿。34年、春山行夫、安西冬衛(あんざいふゆえ)、竹中郁(いく)、近藤東(あずま)らと『詩法』編集同人。37年に『新領土』編集同人。39年の『体操詩集』はノイエ・ザハリヒカイト(新即物主義)による現代の叙情を実験的に構築しえたものとして高く評価された。42年に詩集『抒情(じょじょう)飛行』出版。戦後は『現代詩』(1948)などに参加。日本現代詩人会の幹事長、会長を数回務める。「さんたんたる鮟鱇(あんこう)」は代表作。ノイエ・ザハリヒカイトの紹介者で、実存的な詩風をもつ。詩集『亡羊記(ぼうようき)』(1959)で読売文学賞受賞。入門書の著作も多い。昭和50年3月2日没。没後、毎年3月に亡羊忌が営まれている。[村田正夫]
『『村野四郎全詩集』全一巻(1968/増補版・1980・筑摩書房) ▽『村野四郎詩集』(1977・弥生書房)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

村野四郎の関連キーワードぶんぶんぶん慶光院芙沙子岡崎 清一郎木下 常太郎村上 昭夫岡崎清一郎木下常太郎村野 四郎巣立ちの歌陳 千武昭和時代北原白秋田村隆一金井 直江森國友実業界定本蛙亡羊忌思ひ出金井直

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android