薔薇色(読み)ばらいろ

色名がわかる辞典の解説

ばらいろ【薔薇色】

色名の一つ。「しょうびいろ」ともいう。JISの色彩規格では「あざやかな」としている。一般に、バラ科バラ属植物の赤い花の色を表す。薄紅うすくれないに近い。バラは西洋最古の園芸植物で多様な色の花を咲かせるが、薔薇色といったときは赤系統の色に限定される。JISの色彩規格では薔薇色のほか、ローズ(rose)、ローズレッド(rose red)、ローズピンク(rose pink)、オールドローズ(old rose)などをそれぞれ定義している。日本では平安時代から「そうび」または「しょうび」という名でバラの花は知られていたが、色名として薔薇色が使われるようになったのは近代とされる。「薔薇色の人生」「薔薇色の未来」「薔薇色の日々」というように、希望に満ちた形容としても使われる。

出典 講談社色名がわかる辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ばら‐いろ【薔薇色】

うすくれないの色。淡紅色。「頰を薔薇色に染める」
希望・幸福などに満ちていることのたとえ。「薔薇色の人生」「薔薇色の前途」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ばらいろ【薔薇色】

明るいくれない色。淡紅色。 -の頰ほお
(比喩的に)しあわせや希望に満ちている状態。輝かしい未来などを象徴する色。 -の人生 -の未来

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ばら‐いろ【薔薇色】

〘名〙
① うすくれないの色。淡紅色。ピンク色。
※あひゞき(1888)〈二葉亭四迷訳〉「薔薇色の頸巻をまいて」
② (比喩的に用いて) 将来の明るい状態・様子。希望に満ちている様子。
※思出の記(1900‐01)〈徳富蘆花〉六「恋人が見る薔薇色の宇宙」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

薔薇色の関連情報