コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

薔薇色(読み)ばらいろ

色名がわかる辞典の解説

ばらいろ【薔薇色】

色名の一つ。「しょうびいろ」ともいう。JISの色彩規格では「あざやかな」としている。一般に、バラ科バラ属植物の赤い花の色を表す。薄紅うすくれないに近い。バラは西洋最古の園芸植物で多様な色の花を咲かせるが、薔薇色といったときは赤系統の色に限定される。JISの色彩規格では薔薇色のほか、ローズ(rose)、ローズレッド(rose red)、ローズピンク(rose pink)、オールドローズ(old rose)などをそれぞれ定義している。日本では平安時代から「そうび」または「しょうび」という名でバラの花は知られていたが、色名として薔薇色が使われるようになったのは近代とされる。「薔薇色の人生」「薔薇色の未来」「薔薇色の日々」というように、希望に満ちた形容としても使われる。

出典 講談社色名がわかる辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ばら‐いろ【薔薇色】

うすくれないの色。淡紅色。「頰を薔薇色に染める」
希望・幸福などに満ちていることのたとえ。「薔薇色の人生」「薔薇色前途

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ばらいろ【薔薇色】

明るいくれない色。淡紅色。 「 -の頰ほお
(比喩的に)しあわせや希望に満ちている状態。輝かしい未来などを象徴する色。 「 -の人生」 「 -の未来」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

薔薇色の関連情報