コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

金児杜鵑花 かねこ とけんか

1件 の用語解説(金児杜鵑花の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

金児杜鵑花 かねこ-とけんか

1894-1938 大正-昭和時代前期の俳人。
明治27年3月14日生まれ。新潮社勤務後,大正12年素人社を設立。雑誌「現代文芸」「俳句月刊」「俳句世界」などを発行。河東碧梧桐(かわひがし-へきごとう)に私淑(ししゅく)し,新傾向風の俳句をつくるが,晩年は定型句に転じた。昭和13年2月21日死去。45歳。北海道出身。札幌師範卒。本名は農夫雄(のぶお)。句集に「杜鵑花句集」「新版杜鵑花句集」。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

金児杜鵑花の関連キーワード井上勝純小野重行金子増燿木原玉汝清岡栄之助重見伊三雄丹下茂十郎土井権大米倉久子米沢順子

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone