コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

金剛禎之助 こんごう ていのすけ

1件 の用語解説(金剛禎之助の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

金剛禎之助 こんごう-ていのすけ

1829-1865 江戸時代後期の能役者シテ方。
文政12年生まれ。金剛謹之輔の父。京都の金剛流シテ方野村三次郎直寛(なおひろ)の養子。阿波(あわ)徳島藩主蜂須賀(はちすか)家のお抱えとなり,家元より分家格として金剛の姓をゆるされた。慶応元年死去。37歳。本姓は小出。名は直勝。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

金剛禎之助の関連キーワード武市瑞山鶴屋南北俚言集覧武市瑞山ウィリアムズオリファント小宮山綏介武田耕雲斎プティジャン

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone