金剛謹之輔(読み)こんごう きんのすけ

  • 金剛謹之輔 こんごう-きんのすけ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

1854-1923 幕末-大正時代の能楽師シテ方。
嘉永(かえい)7年8月15日生まれ。金剛流の金剛禎之助の長男。父の死後,その養父,京都の野村三次郎にまなぶ。明治12年上京し,宗家の21代金剛唯一(ゆいいち)に入門。関西の名手として知られ,面や装束の収集・研究にも力をそそいだ。大正12年8月2日死去。70歳。大坂出身。本姓は小出。本名は直喜。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典内の金剛謹之輔の言及

【金剛流】より

…能のシテ方の流派名。坂戸郷と呼ばれた奈良県生駒郡平群(へぐり)町付近を本拠地として法隆寺に奉仕した坂戸座(鎌倉時代から記録所見)が源流らしく,室町初期には春日興福寺に勤仕する大和猿楽四座の一つとなった。1721年(享保6)に幕府へ提出した書上(かきあげ)および家元の系図では,足利義満時代の坂戸孫太郎氏勝(1280‐1348)を流祖とし,金剛三郎正明(1449‐1529)から金剛姓とするが,確実なことはわからない。…

※「金剛謹之輔」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ソフトロボティクス

ロボティクスの一分野。強度的・構造的に適度なやわらかさがあり、繊細な力加減で動作できるロボットに関する研究。→ソフトロボット...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android