金子嗣郎(読み)かねこ つぐお

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

金子嗣郎 かねこ-つぐお

1930-1997 昭和後期-平成時代の精神科医。
昭和5年5月13日生まれ。37年東京都立松沢病院にはいり,平成2-6年院長をつとめた。昭和38年の三井三池炭鉱炭じん爆発による一酸化炭素中毒患者を労働災害,職業病の専門家の立場から支援した。平成9年1月22日死去。66歳。東京出身。東大卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android