コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

金子晴勇 かねこ はるお

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

金子晴勇 かねこ-はるお

1932- 昭和後期-平成時代の倫理学者。
昭和7年2月26日生まれ。岡山大教授などをへて,平成2年静岡大教授となる。のち聖学院大教授。人間学,キリスト教思想史を専攻し,昭和51年「ルターの人間学」で学士院賞。静岡県出身。京大卒。著作に「キリスト教思想史入門」「マックス・シェーラーの人間学」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典内の金子晴勇の言及

【ルター】より

…これにつづく岸千年のルターの《ヘブライ人への手紙》講義の研究(《ヘブル書講解におけるルターの神学思想》)や,すでに数ヵ国語に翻訳されている北森嘉蔵《神の痛みの神学》がある。近くは金子晴勇《ルターの人間学》が学士院賞を受け,年々,ルター研究の著作,論文は増えている。邦訳は《ルター著作集》全36巻(既刊10巻)のほか,徳善義和編《世界の思想家5――ルター》および類似のシリーズにも手ごろのものが多い。…

※「金子晴勇」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

金子晴勇の関連キーワードワイツゼッカー(Carl Friedrich von Weizsäcker)アウグスティヌス(神学者)キリスト者の自由メランヒトンペラギウスエック原罪

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android