コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

金子雪操 かねこ せっそう

2件 の用語解説(金子雪操の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

金子雪操

江戸後期の画家。江戸生。名は大美、字は不言、別号に各半道人・美翁・有情痴者等。初め伊勢長島藩主増山雪斎に仕え、雪斎に画を学ぶ。のち釧雲泉に師事し山水を能くした。致仕後は京都に住し加茂家に書を学び、のち大坂に移る。安政4年(1857)歿、64才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

金子雪操 かねこ-せっそう

1794-1857 江戸時代後期の画家。
寛政6年生まれ。江戸の人。伊勢(いせ)(三重県)長島藩主の増山正賢(ましやま-まさかた)につかえ,画をおしえられる。のち釧(くしろ)雲泉に山水画法を,大窪詩仏に詩をまなび,京都で書をおさめた。のち大坂にすむ。山水・花鳥画にすぐれ,鼎(かなえ)金城らの門人がいる。安政4年8月5日死去。64歳。本姓は犬塚。名は大美。字(あざな)は不言,孟玉。別号に美翁。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

金子雪操の関連キーワード宋紫岡小沢槐蔭小倉東渓小田昂斎木村玉英小浦松園鈴木筌斎泉鉄土佐光禄村梅岳

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone