コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大窪詩仏 おおくぼ しぶつ

8件 の用語解説(大窪詩仏の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

大窪詩仏

江戸後期の漢詩人。常陸生。名は行、字は天民、別号に痩梅・詩聖堂等。山本北山の奚疑塾に学び、市河寛斎柏木如亭菊池五山と共に江戸の四詩家と称せられ、諸州を巡って頼山陽を訪ねる。また草書・墨竹画を能くし、谷文晁と交わる。天保8年(1837)歿、71才。

出典|(株)思文閣
美術人名辞典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

おおくぼ‐しぶつ〔おほくぼ‐〕【大窪詩仏】

[1767~1837]江戸後期の漢詩人。常陸(ひたち)の人。名は行(こう)。字(あざな)は天民。宋元(そうげん)の詩風の清新さを学ぶことを唱え、江戸詩壇の一中心となった。詩集に「詩聖堂詩集」。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大窪詩仏 おおくぼ-しぶつ

1767-1837 江戸時代後期の漢詩人。
明和4年生まれ。江戸で山本北山,市河寛斎に師事。のち柏木如亭と二痩詩社をおこす。文化3年神田に詩聖堂をひらき,菊池五山とともに江戸詩壇の中心となった。天保(てんぽう)8年2月11日死去。71歳。常陸(ひたち)(茨城県)出身。名は行。字(あざな)は天民。通称は柳太郎。別号に痩梅(そうばい),江山翁。詩集に「詩聖堂詩集」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

大窪詩仏

没年:天保8.2.11(1837.3.17)
生年:明和4(1767)
江戸中・後期の漢詩人。名は行,字は天民,通称は柳太郎,号は詩仏,江山翁など。常陸国(茨城県)多賀郡大久保村の医者で,のちに江戸で開業した大窪宗春の子。山本北山の奚疑塾で経学を,市河寛斎の江湖詩社で詩を学び,江戸の詩壇に清新性霊の詩を鼓吹した。文化3(1806)年に神田お玉が池に詩聖堂を営んでより,流行詩人としての道を歩き始め,盟友の菊池五山と共に文化・文政期の江戸詩壇の中心人物となった。地方への遊歴を盛んに行って門流を拡大し,59歳以後は秋田藩にも出仕した。詩のみならず,草書と墨竹画も能くした。著書に『卜居集』『詩聖堂詩集』『詩聖堂詩話』などがある。<参考文献>揖斐高『市河寛斎・大窪詩仏』(江戸詩人選集5巻)

(揖斐高)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
朝日日本歴史人物事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

おおくぼしぶつ【大窪詩仏】

1767‐1837(明和4‐天保8)
江戸後期の漢詩人。常陸の人。名は行,字は天民,通称は柳太郎,詩仏は号。住居を詩聖堂と号した。江戸に出て,清新派の詩風の両大家であった山本北山市河寛斎に漢詩を学び,とくに寛斎の指導した詩社江湖社の有力な成員として活動した。南宋の詩を典範とする,日常的な詩情に富む平明な詩風で人気を集め,みずから南宋詩の紹介,啓蒙につとめた。のちには神田お玉ヶ池のほとりに詩社玉池(ぎよくち)吟社を開いて多くの後進を育て,19世紀前半の江戸の漢詩壇の大御所的存在であった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

おおくぼしぶつ【大窪詩仏】

1767~1837) 江戸後期の漢詩人。常陸ひたちの人。字あざなは天民。詩を市河寛斎に学ぶ。宋の詩風を好み、古文辞学派の擬古詩風を批判。書画もよくし、多くの文人墨客と交友。著「詩聖堂詩集」など。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大窪詩仏
おおくぼしぶつ

[生]明和4(1767).7. 常陸
[没]天保8(1837).2.11.
江戸時代後期の折衷派の儒学者。漢詩人。山本北山,市河寛斎に学ぶ。秋田藩に出仕。著書『詩聖堂詩集』 (33巻) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大窪詩仏
おおくぼしぶつ
(1767―1837)

江戸後期の漢詩人。名を行、字(あざな)を天民、通称を柳太郎、号を詩仏という。常陸(ひたち)国(茨城県)に医者の子として生まれる。山本北山(ほくざん)の奚疑塾(けいぎじゅく)や市河寛斎(いちかわかんさい)の江湖(こうこ)詩社に入って詩文を学んだ。1806年(文化3)江戸・神田お玉が池に詩聖堂を造築し、ここを根拠地に文化・文政期(1804~30)の江戸漢詩壇の大御所となった。平易清新な、俳諧(はいかい)に近い味わいの詩風が人気を得たのである。竹の画も得意とした。詩集に『詩聖堂詩集』初3編(1810~38)、『西遊詩草』(1819)、『北遊詩草』(1822)などがある。天保(てんぽう)8年2月11日没。墓は神奈川県藤沢(ふじさわ)市本町に現存する。[揖斐 高]
『富士川英郎著『江戸後期の詩人たち』(1973・筑摩書房)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

大窪詩仏の関連情報