増山正賢(読み)ましやま まさかた

  • 増山正賢 ましやま-まさかた

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

1754-1819 江戸時代中期-後期の大名,画家。
宝暦4年12月14日生まれ。増山正贇(まさよし)の長男。安永5年伊勢(いせ)(三重県)長島藩主増山家5代となる。十時梅厓(ととき-ばいがい)をまねいて藩校文礼館を創立。書画,詩文をよくし,画集に「虫豸(ちゅうち)帖」,著作に「松秀園書談」がある。文政2年1月29日死去。66歳。(あざな)は君選。雪斎,巣丘山人,石顛道人など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で使用できる仮想通貨の一つ。日本円のような法定通貨とは異なり、通貨としての機能を持つ電子データであり、1ビットコインは、1BTCという単位で表記される。仮想通貨と似たものに、オンライン...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android