コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

金属過剰星 きんぞくかじょうせい

百科事典マイペディアの解説

金属過剰星【きんぞくかじょうせい】

大気の化学組成において,金属の量が標準の星よりも多い恒星。標準の星の集団としてはヒヤデス星団をとる。M67やNGC188などの古い散開星団の星がこれに該当する。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

きんぞくかじょうせい【金属過剰星 metal‐rich star】

略してSMRともいう。恒星大気の化学組成を調べると,水素に対する金属の量は,星によって違う。平均的な金属量の星の集団としてヒヤデス星団をとり,それより金属の多い星をSMRという。太陽での絶対量は,ヘリウムが水素の0.05~0.15,金属は10-4の程度で,ヒヤデスでは金属がたかだか2倍多い。絶対値の決まりは悪いが,相対値はわりあい決まるのである。1969年にスピンラッドH.SpinradとテーラーB.J.Taylorが,低分散スペクトルを分析して名付けた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

ラニーニャ現象

《La Niña events》赤道付近のペルー沖から中部太平洋にかけて、数年に1度、海水温が平年より低くなる現象。低下する温度差はエルニーニョ現象での上昇温度差より一般的に小さい。→ダイポールモード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android