金属過剰星(読み)きんぞくかじょうせい

百科事典マイペディアの解説

金属過剰星【きんぞくかじょうせい】

大気の化学組成において,金属の量が標準の星よりも多い恒星。標準の星の集団としてはヒヤデス星団をとる。M67やNGC188などの古い散開星団の星がこれに該当する。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

きんぞくかじょうせい【金属過剰星 metal‐rich star】

略してSMRともいう。恒星大気の化学組成を調べると,水素に対する金属の量は,星によって違う。平均的な金属量の星の集団としてヒヤデス星団をとり,それより金属の多い星をSMRという。太陽での絶対量は,ヘリウムが水素の0.05~0.15,金属は10-4の程度で,ヒヤデスでは金属がたかだか2倍多い。絶対値の決まりは悪いが,相対値はわりあい決まるのである。1969年にスピンラッドH.SpinradとテーラーB.J.Taylorが,低分散スペクトルを分析して名付けた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android