コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

金版/金板 カナバン

デジタル大辞泉の解説

かな‐ばん【金版/金板】

《「かなはん」とも》書物の表紙や背に表題などを箔押しする際に使う、文字や図を彫刻した凸版。多くは真鍮(しんちゅう)製。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かなはん【金版】

〔「かなばん」とも〕
はく押しや空から押しに用いる凸版。多く真鍮しんちゆう製。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の金版/金板の言及

【貨幣】より

…他方,南方の楚国の領内では初め貝貨の系統に属する銅貝が造られたが,戦国期には銅貝の一種,蟻鼻銭が鋳造され使用された。また楚では同じころ,金貨(金餅・金版)が造られ額面の大きな取引に用いられた。金貨の使用はしだいに中原の諸国にも広がった。…

※「金版/金板」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

金版/金板の関連キーワードホットスタンプあんみつ姫曹渓宝林伝空押し網版

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android