コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

金色院 こんじきいん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

金色院
こんじきいん

岩手県平泉町にある天台宗中尊寺の塔頭 (たっちゅう) 。円仁の孫弟子頼房が仁和1 (885) 年に創建した。当初は竹下坊と称していたが,天和2 (1682) 年,この寺の住職が金色堂の別当の位についてから,この呼称を用いるようになった。今日も金色堂は金色院の所管で,金色堂内陣,七宝荘厳巻柱 (金色堂内の柱) ,堂内の構造である升組 (ますぐみ) と蟇股 (かえるまた) ,堂内の須弥壇 (藤原清衡,基衡,秀衡の遺体が葬られている) などの国宝ほか,多くの寺宝を有している。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

金色院の関連キーワード竹林寺

今日のキーワード

吝か

[形動][文][ナリ]1 (「…にやぶさかでない」の形で)…する努力を惜しまない。喜んで…する。「協力するに吝かではない」2 思い切りの悪いさま。「民衆も天才を認めることに―であるとは信じ難い」〈芥川...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

金色院の関連情報