所管(読み)ショカン

デジタル大辞泉 「所管」の意味・読み・例文・類語

しょ‐かん〔‐クワン〕【所管】

[名](スル)ある範囲事務をそこの責任権限管理すること。また、その範囲。「文部科学省所管する事項」「所管大臣」
[類語]管理管轄管掌統轄分轄総轄直轄所轄つかさどる支配

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典 「所管」の意味・読み・例文・類語

しょ‐かん‥クヮン【所管】

  1. 〘 名詞 〙 ある事務をそこの責任や権限として管轄していること。また、その管轄に属していること。所轄。
    1. [初出の実例]「天照坐太神宮、廿一烟〈略〉所管四宮、九烟」(出典:皇太神宮儀式帳(804))
    2. 「私立の小学校は、都道府県知事の所管に属する」(出典:学校教育法(1947)三四条)
    3. [その他の文献]〔唐律‐断獄疏議〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報 | 凡例

普及版 字通 「所管」の読み・字形・画数・意味

【所管】しよかん

扱う範囲。

字通「所」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

五節舞

日本の上代芸能の一つ。宮廷で舞われる女舞。大歌 (おおうた) の一つの五節歌曲を伴奏に舞われる。天武天皇が神女の歌舞をみて作ったと伝えられるが,元来は農耕に関係する田舞に発するといわれる。五節の意味は...

五節舞の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android