コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蟇股 かえるまた

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

蟇股
かえるまた

和様建築で,頭貫 (かしらぬき) 上にあって上の荷重を支える材。蛙股とも書く。梁上にあるものは厚い板状でこれを板蟇股という。平安時代からカエルが足を開いたような形のものができ,これを本蟇股という。初め内部には装飾がなかったが,のちに簡単な中心飾りができ,植物文,さらに動物文がつき,透かし彫から立体的なものまでが生れた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

蟇股【かえるまた】

二つの横材の間におく束(つか)の一種で,上方の荷重をささえるとともに装飾ともなる。カエルが脚を広げた姿に似ているところからこの名がある。厚板の左右に曲線の繰形を施した板蟇股は奈良時代からあるが,内部をくりぬいた形の本蟇股は平安末期に始まり,のち彫刻装飾が加わるようになり,桃山時代以降その装飾性はますます重視された。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

かえるまた【蟇股】

社寺建築において,虹梁(こうりよう)や頭貫(かしらぬき)・台輪だいわ)の上にあり,頂部に斗(ます)をおいて棟木や桁・通肘木(とおりひじき)を受ける繰形(くりがた)付きの幅広い材をいう(社寺建築構造)。カエルが足を広げた形に似ているところからこの名がある。はじめは,虹梁上で上方の荷重を受ける構造材として1枚の厚い板から造られていたが,平安時代後期に装飾材として組物(くみもの)(建築組物)と組物の中間におく厚みの薄い輪郭だけのものが現れ,以後これが大いに発達する。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

蟇股
かえるまた

社寺建築で柱の頂部をつなぐ頭貫(かしらぬき)と軒下の桁(けた)との間や、梁(はり)上に置かれる部材。カエルが股(また)を開いたような形をしているのでこの名がある。古代の蟇股は一木の厚い板でつくられ、梁の上に置かれて上の材料を受ける構造材であったが、平安時代後期から頭貫と桁の間にも入れられ、装飾化する。このときから輪郭を左右対称に2本の木でつくられたが、やがて一木をくりぬいてつくられるようになり、内部に飾りとして唐草が入れられる。中世になると内部の飾りが多様になり、近世になると動植物が彫刻されて華麗になる。厚板だけのものを板蟇股、内部をくりぬいたものを本蟇股という。[工藤圭章]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の蟇股の言及

【建築装飾】より

…絵様は元来,彫像や画像の下図の意味であるが,建築部材の表面に彫られまたは描かれた文様をもいう。古代では構造がそのまま意匠となり,装飾のためだけの部材はほとんどなく,斗栱(ときよう)を雲形につくったり,板蟇股(いたかえるまた)(蟇股)に刳形をつけ,基壇や仏壇の嵌板(はめいた)に格狭間(こうざま)をつける程度であった。平安時代後期には本蟇股が装飾材として組物間に置かれ,やがてその中に唐草などの透彫(すかしぼり)彫刻がつけられ,装飾性を増すようになる。…

※「蟇股」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

蟇股の関連キーワード疎組み・阿麻組み・亜麻組み・疎組・阿麻組・亜麻組蛙股・蟇股・蟆股鳳停寺極楽殿門(出入口)宮彫り・宮彫禅宗様建築束(建築)朝鮮建築和様建築向日神社豊国神社社寺建築阿麻組透彫り妻飾り金色院中備絵様向拝

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android