金製剤(読み)キンセイザイ

デジタル大辞泉の解説

きん‐せいざい【金製剤】

有機化合物を原料とする、抗リウマチ薬の一つ。金チオリンゴ酸ナトリウム・金チオグルコース・オーラノフィンなど。作用機序は解明されていないが、金製剤が細胞内に取り込まれると、炎症を引き起こす酵素の分泌が抑制され、腫れや痛みが軽減すると考えられる。効果があらわれるには数か月を要する。服用により、かゆみやタンパク尿肝障害などがあらわれることがあるため、定期的な検査が必要。抗リウマチ薬には、ほかにサルファ剤、SH基剤などがある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

エミュー

ヒクイドリ目エミュー科。ダチョウに似た大型の飛べない鳥。オーストラリア固有種で,国鳥。全長 140~164cm,背丈 150~190cmで,雌のほうがやや大きい。翼は羽毛に覆われて見えないが,約 20...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android