コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

金製剤 キンセイザイ

デジタル大辞泉の解説

きん‐せいざい【金製剤】

有機化合物を原料とする、抗リウマチ薬の一つ。金チオリンゴ酸ナトリウム・金チオグルコース・オーラノフィンなど。作用機序は解明されていないが、金製剤が細胞内に取り込まれると、炎症を引き起こす酵素の分泌が抑制され、腫れや痛みが軽減すると考えられる。効果があらわれるには数か月を要する。服用により、かゆみやタンパク尿肝障害などがあらわれることがあるため、定期的な検査が必要。抗リウマチ薬には、ほかにサルファ剤、SH基剤などがある。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

金製剤の関連キーワードネフローゼ症候群の原因となる病気子どもに多い自己免疫疾患と対策慢性関節リウマチシスプラチン乾癬性関節炎尋常性天疱瘡関節リウマチ卵巣がん制癌剤

今日のキーワード

間が持てない

1 時間をもてあましてどうしたらよいかわからない。「待ち時間が長すぎて―◦ない」2 途切れがちの会話などを、うまくつなぐことができない。「無口な相手で―◦ない」[補説]文化庁が発表した平成22年度「国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android