コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

針尾九左衛門 はりお くざえもん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

針尾九左衛門 はりお-くざえもん

1825-1905 江戸時代後期の武士。
文政8年生まれ。肥前大村藩(長崎県)藩士。文久3年尊攘(そんじょう)派の渡辺昇,松林飯山らと三十七士同盟をむすび,翌年家老となる。慶応3年佐幕派におそわれ重傷をおった。明治38年3月12日死去。81歳。本姓稲垣。名は寿納。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

針尾九左衛門

没年:明治38.3.12(1905)
生年:文政8(1825)
幕末の肥前大村藩(長崎県)藩士。文久3(1863)年12月,松林廉之助,渡辺昇らと共に尊攘派を結集,その盟主となる。元治1(1864)年家老,慶応3(1867)年1月佐幕派に襲撃され重傷を負うが,逆にこれを抑圧。藩論を討幕に導いた。

(井上勲)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

針尾九左衛門の関連キーワード梅沢武平武士

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android