コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

渡辺昇 わたなべ のぼる

3件 の用語解説(渡辺昇の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

渡辺昇

肥前大村藩士・行政官・男爵。号は其鳳。江戸に出て、安井息軒に漢学を学び、木戸孝允とともに剣塾に通う。帰藩して坂本龍馬と国政に奔走。維新後は、新政府に仕え、明治10年大阪府知事となる。大正2年(1913)歿、76才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

渡辺昇 わたなべ-のぼる

1838-1913 幕末-明治時代の武士,官僚。
天保(てんぽう)9年4月8日生まれ。渡辺巌の次男。肥前大村藩(長崎県)藩士。江戸の安井息軒に漢学をまなび,斎藤弥九郎の練兵館にはいり塾頭となる。剣を通じ近藤勇と親交をもった。兄の清とともに尊攘(そんじょう)運動につくし,維新後は大阪府知事,元老院議官,会計検査院長。子爵。大正2年11月9日死去。76歳。名は武常。号は東民,其鳳。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

渡辺昇

没年:大正2.11.10(1913)
生年:天保9.4.8(1838.5.1)
幕末の尊攘派志士,大村藩(長崎県)藩士,明治政府の官僚。父は渡辺巌。清の弟。青年のころに江戸に遊学,安井息軒の門に入る。また斎藤弥九郎の練兵館に剣を学び,桂小五郎(木戸孝允)の後の塾頭。剣を通じて近藤勇と交流があった。文久3(1863)年12月,大村藩尊攘派三十七士同盟に参加。慶応3(1867)年8月藩命により上洛,政情探索に当たる。維新ののち,明治1(1868)年4月長崎裁判所出仕,待詔局主事を経て同3年弾正大忠として福岡藩の贋造二分金製造事件の処理に当たった。盛岡県権知事,大阪府知事を経て,同13年元老院議官となり,同17年初代の会計検査院長に任命された。

(井上勲)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

渡辺昇の関連キーワード朝長熊平稲田又左衛門古高俊太郎中尾静摩久松源五郎福田弘人松林廉之助松村大成山川前耀林助

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

渡辺昇の関連情報