鈴木佳秀(読み)すずき よしひで

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鈴木佳秀 すずき-よしひで

1944- 昭和後期-平成時代の西洋史学者。
昭和19年2月26日生まれ。国際基督(キリスト)教大卒業後,アメリカのクレアモント大大学院でまなぶ。平成2年新潟大教授。古代イスラエル法制史,旧約聖書学などを専攻し,同年「申命記の文献学的研究」で学士院賞。熊本県出身。旧姓は川上。著作に「ヘブライズム法思想の源流」,訳書にH.J.ベッカー「古代オリエントの法と社会」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

ハイジ男子

アンダーヘアを永久脱毛した男性を指す造語。英語で「衛生」を意味する「ハイジーン」が語源で、アンダーヘアを永久脱毛した女性を指す「ハイジニーナ」にちなんで生まれた言葉とされる。欧米諸国では男性のアンダー...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android