コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

川上 かわうえ

17件 の用語解説(川上の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

川上
かわうえ

岐阜県南東部,中津川市東部の旧村域。 1905年村制。 2005年中津川市に編入。ヒノキの産地。木曾川の支流川上川に沿うあたりは夕森公園と呼ばれ,樋口滝をはじめ多くの滝の美で知られ,マス釣り場もある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

川上
かわかみ

岡山県南西部,吉備高原にある地区。旧町名。 1954年手荘 (てのしょう) 町と大賀 (おおが) ,高山 (こうやま) の2村が合体して町制。町名は成羽 (なりわ) 川の上流域にあることに由来。 2004年 10月,旧高梁市,有漢町,成羽町,備中町と合併し,新市高梁市が発足。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

川上
かわかみ

岡山県北部,真庭市北部の旧村域。旭川上流域にあり,北と西で鳥取県に接する。 2005年北房町,勝山町,落合町,湯原町,久世町,美甘村,八束村,中和村の8町村と合体して真庭市となった。地名は旭川の上流に位置することに由来。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

川上
かわかみ

山口県北部,萩市南部の旧村域。 1889年村制。 2005年萩市,田万川町,むつみ村,須佐町,村,福栄村の6市町村と合体して萩市となった。中央部を流れる阿武川沿いの谷のほかは標高 500m前後の山地が連なり,林業が主産業。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

川上
かわかみ

狂言の曲名。座頭狂言。吉野の里に住む盲目の男 (シテ) が,山奥の川上にある霊験あらたかな地蔵堂に参籠し,開眼祈願を行う。効あって両眼ともに開くが,その代償に地蔵は「現在の妻は悪縁であるから離別せよ」と告げる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

かわ‐かみ〔かは‐〕【川上】

川の水の流れてくる方。川の源に近い方。みなかみ。⇔川下
組織の上層部。また、組織を指導する立場。「川上での論議に終わらせてはならない」⇔川下
原材料、素材の製造段階をいう。「川上から川下までの一貫事業体制を強化し企業価値の向上を図る」⇔川下

かわかみ【川上】[狂言]

狂言。和泉(いずみ)流。盲目の夫が川上の地蔵に祈って目が明くが、その条件として地蔵と約束した妻の離縁ができず、再び盲目になる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

かわかみ【川上】

狂言の曲名。座頭狂言。奈良の吉野の里に住む盲目の男が,山奥の川上というところに霊験あらたかな地蔵があると聞き,参籠して開眼の祈願をこめる。効あって霊夢をこうむるとともに,みごと開眼する。喜んで帰宅する途中,迎えに来た妻と出会うが,男は〈現在の妻とは悪縁だから離縁しなければふたたび目がつぶれるぞ〉という地蔵の告げを守らなければならず,別れ話をもち出す。妻は驚き悲しみ頑として聞き入れない。男もしだいに妻に同調し,今までどおり添いとげようと決心する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

かわかみ【川上】

川の源に近い方。上流。また、川の水が流れてくる方。 ↔ 川下 「 -の村」
狂言名(別項参照)。

かわかみ【川上】

姓氏の一。

かわかみ【川上】

狂言の一。和泉いずみ流。盲人が川上の地蔵に祈願し、そのかいあって開眼するが、妻と離縁せよとのお告げに従うことができず、再び盲人となる。鷺さぎ流では「川上座頭」という。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典の解説

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の川上の言及

【川内[町]】より

…中央を重信川が西流し,松山平野南東端の低地が開ける。谷口集落の川上は松山,西条,面河(おもご)へ至る交通の要地で,近世には宿場が形成され,商家が立ち並び,伝馬屋も置かれた。農林業が町の基幹産業で,米麦作のほか,ミカン,野菜の栽培,養蚕が行われる。…

※「川上」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

川上の関連キーワード川井川原若竹タホ[川]チグリス[川]モルダウ[川]川向ガンジス[川]ドゥエロ[川]

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

川上の関連情報