鈴木富士弥(読み)すずき ふじや

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鈴木富士弥 すずき-ふじや

1882-1946 大正-昭和時代の政治家。
明治15年11月26日生まれ。東京で弁護士を開業。大正6年衆議院議員(当選6回,民政党)。加藤高明内閣,若槻(わかつき)内閣の内務参与官,浜口内閣内閣書記官長となる。雄弁家として知られた。昭和15年鎌倉市長。昭和21年1月12日死去。65歳。大分県出身。東京帝大卒。旧姓は三塚。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android