鈴木尚之(読み)すずき なおゆき

  • 鈴木尚之 すずき-なおゆき

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

1929-2005 昭和後期-平成時代の脚本家。
昭和4年10月5日生まれ。東映にはいり,昭和36年内田吐夢監督の「宮本武蔵」のシナリオでデビュー,42年フリーとなる。作品に映画「武士道残酷物語」「五番町夕霧楼」「飢餓海峡」,テレビドラマ三姉妹」「白い巨塔」など。平成17年11月26日死去。76歳。岐阜県出身。日大卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android