コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

飢餓海峡 キガカイキョウ

デジタル大辞泉プラスの解説

飢餓海峡

1964年公開の日本映画。監督:内田吐夢、原作:水上勉、脚色:鈴木尚之。出演:三國連太郎風見章子、左幸子、加藤嘉伴淳三郎、高倉健ほか。第16回ブルーリボン賞脚本賞受賞。第20回毎日映画コンクール監督賞、脚本賞、男優主演賞(三國連太郎)、女優主演賞(左幸子)、男優助演賞(伴淳三郎)受賞。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

飢餓海峡
きがかいきょう

日本映画。1964年(昭和39)作品。内田吐夢(うちだとむ)監督。原作はアレクサンドル・デュマ(父)の『モンテクリスト伯』をヒントにした水上勉(みずかみつとむ)の同名小説。敗戦直後、青函(せいかん)連絡船が台風で沈没し、身元不明の遺体が、網走(あばしり)刑務所出所者で質屋一家殺害と放火事件の3人の犯人のうち2名と判明。3人目の容疑者、犬飼多吉(いぬかいたきち)(三國連太郎(みくにれんたろう)、1923―2013)は下北半島に上陸したが、出会った娼婦八重(左幸子(ひだりさちこ)、1930―2001)に庇(かば)われて追っ手を逃れた。10年後、犬飼は京都の名士樽見京一郎(たるみきょういちろう)となっていたが、地元の刑事(伴淳三郎(ばんじゅんざぶろう)、1908―1981と高倉健(たかくらけん)、1931―2014)に逮捕され、護送中の連絡船から身を投げる。16ミリで撮影したフィルムを拡大してワイド画面で上映したため、粒子の粗い画調に北国の風土感や時代色が印象深く表現されて重量感のあるドラマとなった。3時間を超える長尺だったが、東映が無断で短縮版にして公開し、これがもとで内田は東映を退社する。注目を集めた大作であり、内田監督の力量をみせた代表作である。[千葉伸夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

飢餓海峡の関連キーワード水上勉(みずかみつとむ)太地 喜和子伴 淳三郎内田 吐夢石川さゆり大西多摩恵長谷川初範野崎海太郎金内喜久夫高橋 悦史洞爺丸事故白井圭太外山高士坂西良太押切英希仲代達矢加藤 嘉左 幸子木村光一清郷流号

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

飢餓海峡の関連情報