鈴木舎定(読み)すずき しゃてい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鈴木舎定 すずき-しゃてい

1856-1884 明治時代の自由民権運動家。
安政3年2月生まれ。陸奥(むつ)盛岡藩士の子。明治4年上京して中村正直らにまなぶ。10年帰郷して求我社にはいり「盛岡新誌」を発行する。自由党の結成につくし,同党幹事・常議員。明治17年1月1日死去。29歳。号は公愛。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android