コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鈴石 スズイシ

世界大百科事典 第2版の解説

すずいし【鈴石】

珍石の一種。鳴石rattle stoneと同類。球ないし楕円体の小さい土塊(結核体)で,振ると鈴のように音をだす。北海道名寄市郊外より産出するものが有名で,名寄の鈴石とよばれ,1939年天然記念物に指定された。これは径3~6cmの中空の土塊で,粘土や砂が固まってできた鉄分の多い結核体が,その中心部で溶けだし(石灰分の多い中核が溶出するといわれる),まわりの砂などが中に残ることによって形成された。第四紀更新世の河岸段丘層から産出する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

鈴石の関連キーワード鈴ヶ森(東京都)名寄(市)名寄市

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

鈴石の関連情報