鳴石(読み)なりいし

精選版 日本国語大辞典の解説

なり‐いし【鳴石】

〘名〙 内部に空隙(くうげき)を有する岩塊で、振れば空隙中の砂や小石が音をたてるもの。鈴石。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の鳴石の言及

【鈴石】より

…珍石の一種。鳴石rattle stoneと同類。球ないし楕円体の小さい土塊(結核体)で,振ると鈴のように音をだす。…

※「鳴石」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android