コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鈴鹿正静 すずか まさしず

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鈴鹿正静 すずか-まさしず

1837-1921 幕末-大正時代の有職(ゆうそく)家。
天保(てんぽう)8年生まれ。京都の人。朝廷につかえ慶応元年神祇少祐。大正3年大嘗(だいじょう)祭の悠紀(ゆき)・主基(すき)田をさだめる斎田点定の儀に古代以来の亀卜(きぼく)の法をおこなった。京都府会議員。大正10年11月7日死去。85歳。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

鈴鹿正静の関連キーワード大正時代天保幕末有職

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android