コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鉄の三角形 てつのさんかくけい iron triangle

2件 の用語解説(鉄の三角形の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

鉄の三角形
てつのさんかくけい
iron triangle

特定分野の政策過程における担当省庁,政党または議員,利益集団の三者間の関係を指し,特に協力関係を表す用語。軍産複合体や政・財・官の強固な結び付きなどを指すこともあるが,むしろ業種 (業界) ごとに形成される担当省庁,自民党政調会部会や族議員,関係企業や利益集団の関係を表すことが多い。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

知恵蔵2015の解説

鉄の三角形

道路、農業、医療など様々な政策分野において、その分野を管轄する官僚組織、関連業界団体、族議員の三者の結びつきが政策を管理運営している。この結びつきを鉄の三角形と呼ぶ。三者は互いに利用し合い、助け合うという関係にある。官僚組織は自らの権限、財源を確保するために族議員の力を利用し、関連業界に恩を売ることによって天下り先を確保する。業界団体は仕事を受注したり、予算を確保したりするために族議員に票と政治資金を与え、官僚の天下りを受け入れる。族議員は業界の面倒を見て政治資金と票を得る一方、法案や予算の審議で官僚組織に恩を売る。近年、道路公団の民営化論議などの中で、鉄の三角形の実態の一端がようやく明らかになりつつある。鉄の三角形は既得権を守る利己的な存在である。しかし、一般有権者の投票率が低く、利益団体に依存することが当選の近道であるという状況がある限り、なくなることはない。小泉政権の下で自民党は脱利益配分政治を目指したようにも見える。また、特定郵便局長会や医師会など従来の利益団体の影響力にも陰りが見られる。新政権でこの点がどう展開するか注目される。

(山口二郎 北海道大学教授 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

鉄の三角形の関連キーワードCID農業保護政策陽子線内閣府参与ポリシー・ミックス(Policy mix)摩食実行組合社会医療法人欧州連合(EU)と加盟国ホスピス医

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

鉄の三角形の関連情報