鉄眼仮名法語(読み)てつげんかなほうご

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

鉄眼仮名法語
てつげんかなほうご

江戸時代の仏書。一巻。大蔵経開版で著名な黄檗(おうばく)僧鉄眼道光の著。1691年(元禄4)に刊行されたもので、後記では、禅に志の深い一女性のために書き綴(つづ)られたものとする。内容は『般若心経(はんにゃしんぎょう)』の精神をわかりやすく説いたもので、色(しき)・受(じゅ)・想(そう)・行(ぎょう)・識(しき)の五蘊(うん)がみな空(くう)であることが徹見できれば、いっさいの苦患厄難から解放され、宇宙の本体である法身(ほっしん)般若の体にかなうことができる旨を、色・受・想・行・識の順に懇説している。[船岡 誠]
『古田紹欽著『禅宗仮名法語』(『仏典講座40』所収・1971・大蔵出版)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android