後記(読み)コウキ

デジタル大辞泉「後記」の解説

こう‐き【後記】

[名](スル)
本文のあとに書き記すこと。また、そのもの。あとがき。「編集後記
その文章よりあとの方に書くこと。「詳細は後記したとおり」
後世に残る記録。
名将御前にて紛れもなく討ち死にして―に留めよや」〈太平記・三二〉
[類語]後書き跋文末筆奥書後付け奥付

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「後記」の解説

こう‐き【後記】

〘名〙
① 将来にのこる記録。後日の記録。
※太平記(14C後)三二「名将の御前にて紛れもなく討死して、後記(コウキ)に留めよやと下知しければ」
書物、雑誌などの後に記すこと。また、そのもの。あとがき。「編集後記

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

地対地ミサイル

〘名〙 (surface-to-surface missile の訳語) 地上または艦上から、地上または海上の目標に対して発射されるミサイル。大陸間弾道弾(ICBM)、中距離弾道弾(MRBM)など。S...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android