コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

後記 コウキ

デジタル大辞泉の解説

こう‐き【後記】

[名](スル)
本文のあとに書き記すこと。また、そのもの。あとがき。「編集後記
その文章よりあとの方に書くこと。「詳細は後記したとおり」
後世に残る記録。
「名将の御前にて紛れもなく討ち死にして―に留めよや」〈太平記・三二〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

こうき【後記】

( 名 ) スル
文章のあとの方に記すこと。 ↔ 前記 「詳細は-する」
書籍などで、本文の後ろに記す文章。あとがき。跋ばつ。 「編集-」
後世の記録。 「名将の御前にて紛れもなく討死して、-に留めよや/太平記 32

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

後記の関連キーワードバクハイセン・ファン・デン・ブリンクディビッド バーガミニ楽毅論(がくきろん)下垂体前葉機能低下症大秦景教流行中国碑ARS(文芸雑誌)ミヤコショウビン制限行為能力者那谷寺通夜物語マミジロクイナ手形売買市場鉄眼仮名法語CIE表色系俳句(雑誌)佐佐木幸綱安江 良介出三蔵記集善隣国宝記佐田 啓二太田 朝敷

後記の関連情報