コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鉄砂釉 テッシャユウ

大辞林 第三版の解説

てっしゃゆう【鉄砂釉】

川や海の底に堆積した磁鉄鉱・砂鉄などを用いた釉うわぐすり。黒色または褐色に焼け上がる。李朝の壺はこれを用いて絵付けされたものが多い。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

鉄砂釉の関連キーワード陶磁器絵高麗絵唐津磁鉄鉱砂鉄李朝褐色

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android