コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鉄道抵当法 てつどうていとうほう

1件 の用語解説(鉄道抵当法の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

鉄道抵当法
てつどうていとうほう

明治 38年法律 53号。鉄道企業の施設などを鉄道財団として一体化し,これに抵当権を設定するための手続を定めた法律。制定当時は鉄道が民営中心であったため鉄道経営のための外資導入をはかる目的をもっていたといわれるが,その後大半の鉄道が国有化されたので,その必要性が減少した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

鉄道抵当法の関連キーワード競争志向の企業企業家鉄道営業法林野砂防指定地森林組合加入者面積機関車庫3号阪神水道企業団中小企業の事業活動の機会の確保のための大企業者の事業活動の調整に関する法律宮古島上水道企業団

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone